部員ログイン
ID: 
PASS: 
 

TOP > オリジナルカード投稿 > 【GBネタ1】『だじょーワールド』『フェイクワールド』『ブレインワールド』

【GBネタ1】『だじょーワールド』『フェイクワールド』『ブレインワールド』

オリジナルカード一覧に戻る

[4711] 【GBネタ1】『だじょーワールド』『フェイクワールド』『ブレインワールド』 (てんさい)[2017年09月28日 15:04]

※当オリジナルカードはGBカードヒーローのネタバレを含みます

だじょーワールド 『だじょーの世界』
☆8 《空間魔法》 s3 spd使用不可
自分フィールドが1か所以上空いている場合だけ使うことができる。
自分マスターを[M]買占めにする。
相手のマスターがHPが5減った時、[M]買占めが消える。
この方法で[M]買占めが消えた時、自分フィールドの空いているフィールドに「聖獣ラフィオー」「牙王バサラ」「メガンタス」のいずれか1体をLv3・未行動の状態でフィールドに置く。
[M]買占め(永続)
自分はフィールドを1か所使用できない。
お互いのマスターはアタック・特技・メイクカードを使うことができない。
相手マスターのHPが5減った時に消え、真の効果が発揮する。

フェイクワールド 『偽りの世界』
☆8 《空間魔法》 s6 spd使用不可
このカード発動後、自分の行動はオートになる。([M]偽り・永続)
自分マスターのHPが合計で5以上減った時、[M]偽りが消える。
この方法で偽りが消えた時、相手フィールドのモンスターをすべて消す。この時、消えたモンスターのストーンは自分のものになる。
[M]偽り(永続)
行動が(NPCの)オートになる。
お互いのマスターはアタック・特技・メイクカードを使うことができない。
自分マスターのHPが5減った時に消え、真の効果が発揮する。

ブレインワールド 『むてきの せかい』
☆8 《空間魔法》 s3 spd使用不可
自分フィールドがモンスターが4体居て、相手フィールドにモンスターが3体居るときのみ使うことができる。
相手はこちらのモンスターを1体選び、空いている自分のフィールドに場所を移す。
そのモンスターに[M]洗脳を与え、HPを最大まで回復する。
[M]洗脳が消えた場合、そのモンスターは消える。

[M]洗脳(永続)
この効果がかかっているモンスターが居る限りお互いのマスターはアタック・特技・メイクカードを使うことができない。
モンスターのパワーを1上げる、対象を2パワー軽減する盾で守る。
フィールドから去る時、マスターが5ダメージ受ける。
[M]洗脳が消えた時、かかっていたモンスターは消える。

てんさいです。
過去に作成したビギナーズワールドの亜種…、まさかのオリジナルカード全て☆8です。なんだかんだ初。
だってノリだし。☆8とは自由である。
そして、自由とはこういうことを言うのだ。

参考までにカード説明の一番下に過去作成「ビギナーズワールド」(と安上がりワープ)のURLを張っておきます。
面影もありませんが物語イメージである点は守っていますので…。

そしてまさかの1000オーバー。
小論文か何かかな?
自由とはこういうことを言うのだ。
2回に分けさせていただきます()

解説(嘘)は例n(ry
その解説は過去最長ですが()
ひたすらGBのストーリー語ってるだけだがな!

続きを読む
続きを読む

まず、共通効果としてお互いのマスターはアタック・特技・メイクカードを使うことができない、があります。
物語中はJrがなのでSr以降で出てくる上記のルールは使用不能になります。
☆8といえどマスター封じれば戦力は落ちる…はず。


だじょーワールド…だじょーワールドってなんだよ(哲学)。
GBカードヒーローのトトリデのイベントをイメージした世界を作ります。
当時はトトリデがカードを買い占めて、主人公の優勝賞品や仲間のカードパックがなくなる事態になりました。大人買いよくない。
でトトリデを倒すと、クラマさんが商品を遠い町から買ってきてくれるんですね。
なので、買占め(=フィールド制限)→倒す(HP5削る)→商品(スーパー)となります。
当時の商品は「ワイルダー(=バサラ)」「ドガンター(=メガンタス)」「ドラッティ(=ラフィオー)」ですね。恒例の無条件スーパーだと思ったら種すらいない。だが、☆8とは自由である。そして、自由とはこういうことを言うのだ。

フェイクワールド、読んで字の如し偽りの世界ですね。
GBカードヒーローのジュンちゃん(君?)のイベントをイメージしたイベントのマジックカードです。
当時はジュン君が新人としてやってきて主人公と戦う(戦うといっていいのか際どい戦力差ですが)のですが、すぎやま・こまい・ゆういちの3人に嘘を言って仲違いさせるんですね。クミちゃんは反省しよう。
でジュンちゃんを問い詰めるとジョーカーズという(としお君恥ずかしくないんですがと言いたい)集団の陰謀だったらしく、主人公の信頼をかけて戦います。
勝っても逃げられますがクミちゃんは反省しよう。ジュン君とヒロイン決定戦をしよう(手の平返し準備)。
説明としては、素人(オート)のフリ→負ける(HP5削られる)→皆から嫌われる(フィールド消える)というイメージです。
相手をオートにするのは流石にNGなので自分専用となります。
でJr分HP5が削られると効果を発揮します。
ストーンがこちらのものになるのはすぎやま君他がジュンちゃんの味方をしているためです。まぁ、女の涙だから信じるのも仕方ないね。
☆8というべき厄介なロックですが相手目線、オート相手にするのでそこまで苦しいものではないですね。あと、オートにするってルール上どうなんだ…?
でも、気にすることはない。☆8とは自由である。
そして、自由とはこういうことを言うのだ。


ブレインワールド、ちょっとわかりにくいかもしれませんがあやつられたシロウのイベント関連ですね。
ジュンちゃん探しをしていた主人公一行は見世物テントでのマジックショーによってシロウ君を攫われてしまうのでした。
タダだからって行かないでクミちゃん。
ちなみにシロウ君はクラマクラブの中で主人公を除けばNo.2というスペックで、小学生離れしたAIと不意打ちジャレスと広範囲のラッティ(DSラッフィー)・おなじみワープによってフルボッコにしてくる有能です。
カードヒーローProまで経験者でもカード財産によっては苦戦を強いられるでしょう。(ポリゴマチャーミーでない人は辛い)
でも、なぜこの立場がクミちゃんじゃなかったのか…、ヒロインとか何か?(手の平ターン開始前)
シロウを倒すと洗脳が解けるという(カードゲーム定番の設定がある)ことで、主人公と戦います。この時のデッキ名「おれは むてきだ」というデッキ名がキャッチコピー『むてきの せかい』のネタですね。
カード効果もわかりやすく、主人公たち(主人公・クミ・シロウ・ためお)4人からジョーカーズ(としお・ナルシー・ピエロ)の3人が一人を奪います。
で、洗脳してパワーアップ(HP回復・+1p・シールド)します。シールドはマスターシールドと同じ効果をイメージしています。でも[M]だから盾を重複できる…、☆8とは自由である、そして自由とはこういうことを言うのだ。
洗脳を解く=倒すと5D(JrMと同じHP)が飛んでいきます。かなりのダメージソースですがモンスターのHPが5以上だとむしろ損している点が辛い。
一応、カムロなどとセットで使うと自作自演洗脳ごっこができますね、ヴァルテルで盾貫通もできる点も良いですね。モーガンを超えたっ!w
うまくフィールドを調整すれば非常に有能な一手ですね。

だが、モーガンは越えられない。モーガンは☆8だからである、そして☆8とは自由である、そして自由とはこういうことを言うのだ。


残りはパート2でっ。

コメント

このオリジナルカードにコメントを投稿する

ブックマークに追加する